パール・パール・コウベ

真珠について

真珠の種類  真珠は作られる母貝によって種類があります


・アコヤ真珠 おもに日本に生息するアコヤ真珠から採れ、いろいろな干渉色・色目・光沢が特徴です。
         サイズは3-10mmぐらいのものがあります。

・白蝶真珠  オーストラリア、インドネシアなどに生息する白蝶貝から採れ、白・ゴールド系の光沢が特徴です。
         サイズは10-18mmぐらいのものがあります。

・黒蝶真珠  タヒチなどに生息する黒蝶貝から採れ、黒・グレー系の光沢が特徴です。
         サイズは9-16mmぐらいのものがあります。

 ・淡水真珠  おもに中国の淡水に生息する池蝶貝から採れ、いろいろな形があるのが特徴です。
         サイズは3-10mmぐらいのものがあります。

 ・マベ真珠  南洋に生息するマベ貝・白蝶貝・黒蝶貝から採れ、半円なのが特徴です。
         サイズは9-16mmぐらいのものがあります。


真珠の品質について

真珠の品質はその種類を問わず、一般にサイズ、形、マキ、キズ、テリ、色で決まります。

マキ(巻き) 
マキとは核の表面に形成された真珠層の厚さで、真珠の耐久性という観点から非常に重要な品質要素となります。
真珠層の厚さはその真珠を生み出す母貝の種類によって異なります。厚み以外は真珠層が均一であ
るかが評価の対象になります。マキが厚いほど大きくなりますが、その分整った丸い形は少なくなります。

テリ(光沢)  
テリとは真珠が反射する光の質。テリの違いは真珠層の厚さや均一性、光透過性などによって決まります。
真珠の評価の重要なポイントになります。

キズ
キズには天然キズと、加工の過程で生じた加工キズがあります。
キズはその数や大きさ、キズのある場所によって、無キズ、小キズ、中キズ、大キズにわけられます。


 





 



     

      アコヤ真珠 Akoya Cultured pearl